傾聴 話を聴くこと

話しを聴くことが一番の癒しと認識されたのは

大きな災害のあと


何がどうなっているのかわからない自分のこころを

自分の言葉で語ることで人は回復していく


本当に必要だった 

本当に話を聴くこと

一生懸命に耳を傾けて聴いていること

一生懸命そこに居ること

シンプルに人と人が一緒にいることだけ



話す事が大切と言われるのは

内側にある感情を出して

浄化(カタルシス)されるからスッキリする


誰かに思いの丈を話してスッキリしたことは

きっと誰でもあるのではないだろう

だから、傾聴は大切です

聴く人は効果的に話せるようスキルを身につけよう・・・


でも・・・


そうやってスキルに気を取られて

自分にしか関心が向かない


ここで「伝え返し」をしよう

ここは「要約」だろう

ここは・・・何をしよう・・・


話す人は何処にいるんだろう・・・


話しを聴く 傾聴は話す人が主人公

話しを聴く 傾聴する人は

話す人が話しやすくなるように関わる

当たり前のようだが

忘れられているように思う

こういう話す人と聴く人のシンプルな関係を

まず、体験してみないか

という傾聴講座を開いている

ツナガル傾聴講座

大切な人の話を大切に聴く

シンプルな関係の体験


難行苦行の傾聴をやめて

話すのも聴くのも

自分らしくいられる傾聴の講座です


毎月開催 ツナガル傾聴講座

3月11日(日)13:00~16:00

参加費 5000円

お申込みフォーム http://form1.fc2.com/form/?id=888962