フォーカシングとマインドフルネス瞑想


ストレス低減法で開発され

瞑想するCEO S・ジョブス の話で注目されている

マインドフルネス瞑想


一時期古い!と言われたこともあるけれど

丁寧に自分の内側の声を聴く方法

フォーカシング


このふたつ

別々に覚えるより

一緒に覚えた方が良いのではないか・・・

と思い体験会を開いています


フォーカシングとマインドフルネス瞑想体験会

4月で19回目になります

詳しくはこちら けやき館HP関連ページです

http://comisasroom.jp/focumaind.html#meiso


私たちのアタマは常に何か考えるクセがあります


ちょっと思い出してください

昨日一日 なーーんにも考えていない

空白の時間はどれくらいあったでしょう?


ほとんど無い方が多いのではないかと思います

とにかくアタマは常に考え続けています


逆に 今、自分の体重はどこにかかっているか感じた時間は

どれくらいあったでしょう?

こっちは全くないかもしれませんね・・・


私たちは「感じ」には関心を持っていません

いつも何かを考え、予測し、評価しています

そんなことに忙しいので

身体の感じは放りっぱなしです


歩いていると体重は右・左・前・後ろと変化しています

水を飲めば口の中で水が移動したり、熱いのか冷たいのか感じています


でも・・・

アタマがいつもナニカを考えてパンパンになっていて

そんなことは感じていません


アタマがパンパン なんです!


マインドフルネス瞑想は

パンパンのアタマのスイッチを切って

空白を作ろう!という瞑想法

姿勢を保つ!を頑張らない

無 になろうと頑張らない

雑念 を敵にしない

瞑想法です


呼吸している・・・

体重がここに乗っている・・・

お腹が動いている・・・

それだけの自分になっている

マインドフルな時間


さて・・・

たまに雑念が浮かんできます

雑念が浮かんだら こんなことあるね・・・ と

流し続けるのですが・・・

流せない!!! 雑念君が現れたりします


私は離れませんよ~あなたに用事があるんです!


と言っているのかもしれません

フォーカシングはこういう雑念君の声を丁寧に聴いていきます


雑念君 何か私に伝えたい事があるのかな・・・


ある!!!


なんてことになっているんです

雑念君は 今の自分にメッセージを持っています

伝える必要があるので浮かんで来るんです

だから 耳を傾けて聴いてみる

ヒソヒソ・・・ぶつぶつ・・・

小さい声かもしれないので

丁寧に丁寧に耳を傾ける


これがフォーカシング


フォーカシングとマインドフルネス瞑想

毎日少し 自分に優しくする時間をもちましょう


少しずつ見える風景が変わってくると思います


マインドフルネス・・・