執着する


何事もそうなのかもしれない


あ・・・違う


と過った時にどうするか


いやいや・・・勘違いでしょーー気のせいでしょーー


と流すか


この違和感気になる!


と自分の内側を調べてみるか


この差は人生全部を総決算してみたら

満足感がまるで違う


と言っても 

まだ中間決算のような私ですから

そんな確信がある そう思っているワケです


どんなに順調に見えても

どんなに裕福に見えても

ナニカ違う ナニカ満たされない

でも、成功者に見えていれば良いに決まってる

人から「絶賛」されるとこで満足できる

と考えて、思い込んでいる


生きている間は全力疾走

何のためのレースだろう

ゴールは何処にあるんだろう


走っていても

こころがスカスカしていたら

楽しいのかなぁ・・・

と素朴な疑問も浮かんできます


ウチの息子は昔ランナー

(内心は今もランナーだそうですが・・・)

タイムを出すのは楽しい

でも それだけやっていると空しい

ランナーバカになるとすごく楽しい

そしてタイムも意外と良い


なんてことを言ってます


アタマで思い込んでいることは

こころでは望んでないかも・・・

そんなことはよくあって

アタマの言うことが絶対正しいってのを

「執着」って呼んでいる


本当に欲しいモノは何ですか?

本当に行きたい場所はどこですか?

本当に好きなことは何ですか?


こころの声を聴いてみよう

中間決算してみよう


私の中間決算報告はこの名刺です