本当の自分になる

ひとつひとつこころに響かせながら読んでみる

なにが起きてくるだろう・・・


自分らしい生き方 

To Be That Self Which One Truly Is. (Rogers1961)

(1)偽りの仮面を脱いで、もっとあるがままになっていく。

(2)「こうすべき」とか「こうあるべき」といった「べき」から自由になっていく。

(3)ひたすら、他人の期待を満たし続けていくのをやめる。

(4)他人を喜ばすために、自分を型にはめるのをやめる。

(5)自分で自分の進む方向を決めるようになっていく。

(6)結果ではなく、プロセスそのものをいきるようになる。

(7)変化に伴う複雑さを生きるようになっていく。

(8)自分自身の結果に開かれ、自分が今、何を感じているかに気づくようになっていく。

(9)自分のことをもっと信頼するようになっていく。

(10)他の人をもっと受け入れるようになっていく


カール・ロジャース

On Becoming A Person(Rpgers.1963)

「私が自分自身を受け入れて、自分自身に優しく耳を傾けることができる時、そして自分自身になることができる時、私はよりよく生きることができるようです。・・・言い換えると私が自分にあるがままの自分でいさせてあげる事ができる時、私はよりよく生きることができるのです。」(Rogers1963)