花 は 桜

ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ


春霞 たなびく山の 桜花 見れどもあかぬ 君にもあるかな


紀友則



桜花 散りぬる風の なごりには 水なき空に 波ぞ立ちける


紀貫之


花の色は昔ながらに見し人の心のみこそうつろひにけれ


元良親王



願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月の頃


西行