アフターエフェクト 意味は後で腑に落ちる


aftereffect

心理学では心理的刺激に対する残効のこと

 残効=広義には,刺激が除去されたのちに残るなんらかの効果の総称で,残像なども含まれる。狭義には,この効果がのちに続いて提示された刺激に影響して生じた感覚・知覚現象をさす
(ブリタニカ国際大百科事典より)


先週師匠に相談に上京

スーパーバイスになった


カウンセリングについて

というより・・・


自分は迷っている

カウンセリングの方法というより

自分の在り方についての疑い

私はこれで良いのか・・・

自分は何者か


いつもの疑問へ落ちていく


自分は何者か


アイデンティティへの疑問は青年期の課題

モラトリアム・社会に出るまでの猶予期間

自分が誰なのかを知って

自我同一性(アイデンティティ)を確立するハズ・・・


ふふふ・・・(苦笑い)

知っているだけに込み上げる笑いでもある

何やってんだか・・・


要するに

自分探し

なるものを

ずーーーーーっとやっているワケです


この疑問

自分は何者か

という悩みは

経験したことのある人にとっては共感できる深刻な悩み

なのだが

分からない人には全く分からない

分からない人、経験のない人にとっては

「アホくさ!」

で終わるかもしれない厄介な悩みでもある


さて、師匠との面接の後

普通の私の日常に戻り

クライアント様とワーク

自助会的お茶会のファシリテート

TA・交流分析連続講座の講師

普通の主婦のはずではあるが

夫と息子たちに甘えて少々さぼりがちの家事を

取り戻すがごとくのルーム定休日


ふいに

あ・・・そうだ

が来た


これが私なんだ・・・な・・・


という感覚


人は多面的である

時に多面の自分のひとつの面に拘って

平面のフリをしてみる

妙にしがみついてみたりする

そこにナニカ意味があるんじゃないか

それすら感じないでそこに何故か拘ってみたりしている


それも自分であることに違いない

それを見ている自分もいるのは間違いない

プロセスの中にいる

流れを止めて立ち止まって後ろを向いている

プロセスを止めているのは自分


「自分が自分を認めていないのでは・・・」


本当にシンプルな答え

先生・・・


認める とは

流れの中にいる自分のままでいること

流れを止めて停滞させていることに気づいて

また流れに戻る


人は一瞬たりとも同じでではない

変わることに開いていなければ

プロセスは止まる


アフターエフェクト

そういうことだったのか・・・

こころに落ちるのはアタマより

はるかに時間が必要