Who are You ?


私はガチな唯物論者だった


ナニカには理由があり

原因があり

因果関係がキチンとあり

立証できなければならない

何故なら

そうでなければ・・・困る


イワユル・・・

私は「見える」子供だったので

自分が「見える」ことが事実か

あるいは

気のせいなのかに大きな意味があった

何故なら

事実ならOKだし

何か理由があれば、私は大丈夫なはず だったから


人とは別な意味で超常現象が好きである

超常現象が科学で立証されることに意味がある

ナニカには原因があってしかるべきなのだ!

と思いたかった珍しいタイプの

超感覚を多少持った子供だった


ということもあり

心理学は一生懸命になって勉強してきたのであろう・・・


こころの不思議は理屈で説明できるはず

現実にこころの有り様や問題は

分析や解釈がある程度可能

人の観察できる行動から分析、分類、推測して

関わる方針を立て

計画的に関わっていくと症状は軽減する


あわよくば

自分の謎も解けるだろう

私は一体何を見ていたのか・・・

何を感じるのか

分かるかもしれない

人が人を研究し推測してきたことが心理学

こころのラビリンスの地図である


ロジックならサトーに聞け

なんていう頃もあった様な気がする

とにかく・・・

分析、分類、推測、結果から推察、修正

が得意でもあった気がする


この方向のカウンセリングは

とある症状や問題には

本当に有効だし

みるみる変化する場合もある

だから こういうカウンセリングは大切


が・・・しかし・・・


人のこころは

そんな小手先じゃどうにもならないことがある

いくら行動を修正しても

考え方を修正しても

どうにもこうにも

自分はこうなんだ!

のようなことが起こる


アタマで分かっていても

こころが・・・

自分のナニカが・・・

そうさせることがある

理屈ではどうにもならない


現場のカウンセラーはそこで支えるしかできない

そこで一生懸命になって

自分もここにいるんだ と思っているしかない

理論もスキルもナニも無くなってしまう

ここで唯一できるのは

逃げません 私は一緒に居させていただきます

ということである


ロジックは万能ではない

ずっとそう感じていた

こころの奥底では分りきっていた

多分子供の時からそうだった

結局のところ

自分を支える道具として

ロジカルな要素を使ってきたに過ぎない


このタイプの人はほとんど理解されない

奇異な目でみられ

遂にドロップアウトするか

適応して生き残るか

教祖になるか いずれかだろう


こうやって自分を支えてきたので

物事には必ず理由があるはず

理由があって成り立つと思うクセがある


一度 リセット

自分が持っている怖さのために理論武装したけれど

武装解除の時が来たらしい・・・

武器は日常茶飯事持ち歩く必要などない

使う時に使えばいいのである



誰もが持ってきる疑問


自分は何者か?


と向き合っている

だから、同じ疑問を持った方の心情を

分かりたいと思っているし

支えることができるだろうと考えている

人は誰でも自分になりたいと願い

自己実現に向かっていく



シャーマニックアカデミー(今現在は募集が終わっています)

3月から受講中

呪術師になろうという訳ではない

自分の軸に戻る学びが必要だと思ったから

理屈ではない人の根源的な存在とは何だろう・・・

そして

先週のミンデルのワークショップで最後の一押し

プロセスワークが見つめているのは宇宙と自分の関係性

宇宙のエネルギーが自分を突き動かすとしたら

自分は何処に向かうのだろう

個を超えた トランスパーソナル心理学 の領域



あなたは誰ですか?


Who are  You ?


これから

これと付き合っていくのだろう・・・

ここに向かうように動かされている感覚もある



募集中のワークショップ・講座など 

5/6 そうだ!コラージュを作ろう 

5/19 ツナガル傾聴講座 大切な人の話を大切に聴く 

5/27 フォーカシング流エンカウンター

6/2 タロットカードセラピィPlus 

6/16 フォトコラージュセラピスト®Unison セルフケア養成講座

お申込みフォーム http://form1.fc2.com/form/?id=888962