季節の声を聴く たましいの五感


今年は天候が不順

3月に夏日があった気がする

5月の連休後に4月初めの気温

身体の調子が悪いワケだ・・・

風が流行っているという


身体の調子に気がつくなら

こころの調子にも気を使ってもいい

こんな天候の時は

こころもすぐれない

天気病 と言われる症状が出ることもある


天気病をバカにしてはいけない

痛み、めまい、狭心症、低血圧、ぜんそく、うつ病など

様々な症状がある

痛み と単純に言っても

頭痛、肩こり、膝の痛み、リウマチの痛み、ケガのあとの痛み、線維筋痛症の痛み ・・・

こんなにある

猫がどこかを洗ったら・・・なんていう喉かなものとは違う

今日は膝が痛いから天気が悪くなる

古傷がうずくから雨が降る

偏頭痛が始まる

人によっては動けなくなるほどの痛みかもしれない



身体がキツイなら

こころはどうなのか・・・

とたまに聴いてみる


この季節、実は相当賑やか

桜が咲いて、散って葉が生い茂る

多くの花が咲き始める

緑の葉が育っていく


緑の心理的効果

心や身体の疲れを癒す  

疲れた目を休ませる  

鎮静作用 リラックス  

バランスを取り戻す


ぼんやり木を眺めている

公園に行きたくなる

森の夢を見る

そんな時は緑が必要なのかもしれない


身体に感覚があるのだから

たましいにもあるように思う


今、これが必要だよ・・・


声を聴こうとすれば

聴こえてくる

だって、自分の声だから


自分が自分のために伝えてきている

聴こうとしないのも自分

聴こえないくらい

何が忙しいのだろう・・・

たった数分ではないか・・・



四季のある国に住んでいる


季節の変化の中で

自分の身体とこころは

どんな変化をするのだろう

どんな影響があるのだろう


生きている時間は

常にプロセスの中

こころが感じていることに

耳を傾けてる時間も要るんじゃないかな・・・



募集中のワークショップ・講座など 

5月27日(日)フォーカシング流エンカウンター 

6月2日(土)タロットカードセラピィPlus 

6月3日(日)フォーカシングとマインドフルネス瞑想体験会 

6月7日(木)かみさまとのやくそく

6月22日(金)フォトコラージュセラピスト®養成口座 Unison