ひとりごと


生きにくさをテーマにした心理カウンセリング

本気で踏み込もうと決めたら
既に道は示されていたのだ
と……
今さら思う

やるしかないんだな・・・

世の中が変われば
こころの問題も変わる
そう気づいているこころの支援者は多い


破壊された世界の復興

高度成長期

バブル

失われた世代

混沌とした世界

から

生きている意味

存在すること

自分がここから何処へ向かうのか

自分の本質への問いの時代


こころの支援者は

実際にどうすれば良いかが
わからないのが現状だと思う


今まで通りのスタイルを守り通すか

あるいは

自分が変わるしかない


とにかく
やってみようという仲間もいる


理屈で人は癒せない

超ロジック人間たちの結論
理屈を越えてみようじゃないか…