感情を言葉にすればするほど「ナニカ違う!」になりませんか?


こころの声を聴く


こころの声はよく言う「言語化」では表せない

個人的に言えば 

「こころ」は言語を持っていないんじゃないか

とさえ思っている


一般的な言語化とは

イワユル インプットしたことをアウトプットするためにすること

自分自信が理解していること、頭の中の情報、考えたことを言葉にする能力

自分の意見や考えを言葉にして言えるということ


自分の思考を整理して人に伝えるために

コミュニケーションツールとして言語を使っている

故に

こころで起こっていること、

感情や感覚を言葉にすることとはかなり違う


そもそも・・・

こころは一瞬たりとも同じではない

形、重さ、匂いもわからない

こころは五感で知ることができない

で・・・

どうやって表現するか・・・

既存の言葉で近いものを使う

そして・・・

ピッタリでなければスッキリしない

モヤモヤが溜まる

言葉にすればするほどナニカ違う!が大きくなる

最初よりモヤモヤ!


のようなことが起きる



言葉にできないナニカを

そのままカタチにしてみよう

カタチにしたら

ワークシートで紐解いてみよう

というのが

フォトコラージュセラピスト®のセラピィ

日常の言葉に囚われない

それでいい・・・

自分は自分でいい・・・



これは何だろう・・・

自分にしっくりするのは

どんな感じだろう・・・



そして・・・ワーク後



私ってこんなこと感じていた!!!



フォトコラージュセラピスト®Unison 養成講座

6/22(金)12:30~16:30

7/21(日)12:30~16:30

お申込みフォーム http://form1.fc2.com/form/?id=888962